ビフィズス菌 乳酸菌 違い

わかった!ビフィズス菌と乳酸菌の違い@快便になるための賢い選択

ビフィズス菌と乳酸菌って同じもの?

乳酸菌とビフィズス菌は同じものと思っている人も多いですし、
専門書でも種類によっては「ビフィズス菌は乳酸菌の一種」と定義しているものもあります。


確かに広い意味ではビフィズス菌も乳酸菌の一種と言うことができますが、
より細かな分類をしていくと両者には違いがあります。


乳酸菌とは?


まず乳酸菌はどういったものなのかというと、
ブドウ糖を消費して乳酸を作る善玉菌です。


小腸に存在していますが、長くすみつくことはできないので、
常に積極的に取り入れていきたいものでもあります。


ビフィズス菌とは?


一方ビフィズス菌はというと、
ブドウ糖を消費して乳酸を作るまでは乳酸菌と同じですが、
同時に酢酸も作り出します。


そして大腸に存在しており、その場所に長くいつづけます。


大腸内に長くいるという特徴は確かにありますが、
年齢とともにどんどんその数が減少していく
ことが分かっています。



数がピークに達するのは生後間もなくの時で、
それ以降は急激に減少していきます。


そのため、ビフィズス菌は特に年齢が高くなればなるほど積極的に取り入れたいものです。


便秘改善にはどちらが効くの?


乳酸菌もビフィズス菌も腸内に存在している善玉菌で、
同じように便秘を改善してくれるものです。


しかし、細かなところを見ていくと違いがありますので、
その違いに合わせて適切に取り入れていくことが大切です。


また、単にヨーグルトなどで乳酸菌やビフィズス菌が入っているものを食べるというだけでなく、エサとなるオリゴ糖を日常的にとるようにするということも重要です。

SP用バナー